子供便秘外来.com

先輩ママが便秘で悩んだエピソードをご紹介しますので、悩んでいたら参考程度にご覧ください。

前へ
次へ
  1. ホーム
  2. 先輩ママの実践談
  3. 離乳食開始後の便秘

離乳食開始後の便秘

毎日1~3回快便で出ていたのに、6か月のある日から4日間も出なくなり心配になりました。本では一週間でない赤ちゃんもいると聞いたことあったので、病院には行かず自宅でできることをやってみて様子を見ようと決めました。

時期的に離乳食が始まってしばらくして、使う食材も増やし始めた頃だったので、便秘は多少覚悟していました。ただ、実際に出るものが出なくて機嫌の悪い子を見ているとかわいそうでなりませんでした。

まず助産師さんに支援センターで聞いたマッサージを試すことにしました。足を上げたりおろしたり、曲げた足をおなかの方に近づけたりして足の付け根を動かす運動を行いました。つぎに、あおむけに寝かせた子のお腹に手を載せてのの字を書くように少し力を加えながら押していきます。私は「出てこい出てこいうんちっち」と呪文を唱えることにしています。3つめに足をクロスさせて横腹にひねる力を加えました。大人もストレッチで気持ちいい姿勢です。

一日様子を見ましたがうんちが出ないので、第二の手段で綿棒浣腸を試すことにしました。実は子が便秘になったのはこれが初めてではなく、生後2か月ごろにも4日間くらいの便秘になったことがありました。その時はベビーオイルを面貌につけておしりに入れてみたのですがなかなかうまくいきませんでした。そこで、6か月になった今は肌の保湿に使っているワセリンをたっぷりつけておしりに入れてみました。するといい具合にほじほじできました。時計回りに大きく円を描くようにおしりを刺激して抜き取りました。ここで使う綿棒は必ず大人用にしてください。ベビー綿棒は先が細くてかたいので危ないのです。

こうして、マッサージと浣腸をためしてみて便秘6日にして待望のうんちが出ました。真っ赤にしていきんでいてかわいそうでしたが一安心しました。この後うんちが出るものの水分量が少なく、ウサギのようなころころうんちばかりするようになってしまいました。6か月ごろうちの子はまだ水をちゃんとマグマグから飲むことができず、水分が不足しがちだったのです。イオン飲料など糖分を多く含む飲料は避けたかったので、離乳食に知るたっぷりのスープを出すように工夫しました。

最後に

8か月ごろやっとストローで水が飲めるようになるまでたっぷりスープ作戦で便秘知らずになりました。大人でも便秘には一に水分といいますから、もし同様の悩みがある方はぜひ試してください。

先輩ママの実践談

ページのトップへ戻る