子供便秘外来.com

先輩ママが便秘で悩んだエピソードをご紹介しますので、悩んでいたら参考程度にご覧ください。

前へ
次へ
  1. ホーム
  2. 先輩ママの実践談
  3. 息子の便秘改善で試した事

息子の便秘改善で試した事

息子は離乳食を始めた頃から便秘症で長い時は1週間もでない事もありました。出る時も、お尻が切れてしまいおむつに必ず少しの血が付いていました。 毎日今日もでなかった、大丈夫かなと不安に思ってばかりでしたので少しでも便秘が解消されるように何かやってみようと思いました。 下記は私が実際に試したものです。

・めん棒で刺激 

なるべく浣腸などはしたくなかったので助産師さんにアドバイスをもらいました。この助産師さんには産後母乳相談をした頃から色々相談に乗ってもらっていました。 教えてもらったのはお尻を刺激する方法でした。めん棒にベビーオイルを塗り、おしりに入れ円を描く様に動かします。 助産師さんは割と奥までめん棒を入れていましたが、初めは怖くてなかなか出来ませんでした。何度かやってみるうちに上手にマッサージ出来るようになり、半分位の確率でその場で便が出る様になりました。

・食べ物に気をつける

大人の便秘には食生活の改善が大切です。しかし、離乳食を始めたばかりの赤ちゃんはそれほど多くの量は食べないのでどこまで出来るか分かりませんでしたが自分なりに考えた離乳食をあげる事にしました。 私が比較的多くあげたのはさつまいも・ヨーグルト・果物などでした。乳製品などはアレルギーがないかを見ながらでしたが、息子はさつまいもをあげると出やすかったです。

・病院で浣腸

1週間以上便秘が続き、機嫌も良くなかったので小児科に行って浣腸をしてもらいました。もう少し様子を見ても大丈夫ですと言われましたが、気持ち的に余裕がなくお願いしました。ただ、浣腸をした後は待合室で便が出るのを待ったり、おむつを何度も替えたりと小児科の中で行うのは大変でした。 それ以来病院でもらった浣腸を常備していきました。1度も使う事はありませんでしたが、本当に困ったらこれを使おうと思うと気が楽になりました。

・お腹のマッサージ

お風呂上がりの保湿クリームを塗る時、お腹に「の」の字を書く様にマッサージをしました。 マッサージをしてもすぐに効果がある訳ではありませんでしたが、便秘が続いている時はお腹が張っているのが分かりました。

・さ湯に砂糖を入れて飲ます

インターネットなどで調べてみるとさ湯に少量の砂糖を入れて飲ませてみると良いとの事でしたので試してみました。 しかし、さ湯を嫌がってほとんど飲んでくれませんでした。

最後に

上記を試してみましたが、めん棒を使って刺激する方法が1番効果的で良かったです。周りにも子供の便秘で困っている人が多くこの方法を教えています。 息子は離乳食が終わる頃から段々便秘も治り、今では悩む事も無くなりました。ほとんど好き嫌いも無くバランスよく食事をしているからだと思います。

先輩ママの実践談

ページのトップへ戻る