子供便秘外来.com

先輩ママが便秘で悩んだエピソードをご紹介しますので、悩んでいたら参考程度にご覧ください。

前へ
次へ
  1. ホーム
  2. 先輩ママの実践談
  3. 安心できる方法で便秘対策に励んでいました!

安心できる方法で便秘対策に励んでいました!

生まれてからずっと毎日数回排便があったのにも関わらず3日ほど出ない時があり、びっくりしてしまったことがありました。

本人の様子を見ていてもなんだかしんどそうというか辛そうな表情をたまに浮かべて いて力んでる感じで顔が赤くなっている瞬間を数回見かけたので親としては本当に心配 になってしまったものです。

しかし、赤ちゃんなので大人のように薬で対処することもできずにどうしたらよいのか 悩んでいたら母からこよりで肛門を刺激するといいのでは?とアドバイスがきました。

そこで入浴後のおしめをつける少し前に綿棒で肛門を少しだけ刺激してみたら真っ赤な 顔になりながらう~んと力んでいてその後数回力んだ後排便することができたのです!

数日間出なかったこともあり普段よりも便が固くなっていたこともあり苦しかったよう ですが出た後はすっきりとした表情でよく眠ってくれたので一安心したことがあります。

それ以来このような便秘症状に陥ったら綿棒を使用して少しだけ刺激を与えるようにして 対処をするようになりました。

そして、便秘自体にもならないように入浴後や外出先から帰った時、食事と食事との間など には積極的に多めに湯冷ましを与えるようにもしていきました。

どうしても水分が足りないと赤ちゃんは自分からウォーキングなどで運動をすることもできな かったりするので便秘に陥りやすい感じがします。

なのでいらないと言われても哺乳瓶で口に数回は持っていき様子をうかがいながら生活を するように意識をして気をつけて暮らしてみたりもしました。

あとは食事面でも離乳食が始まりだしてからは食物繊維がちゃんとたっぷりと入っている 食材をゆでてつぶして与えるように工夫をしたりして便秘にならないように気をつける ようにもした記憶があります。

もともと私自身が便秘症でもあるので遺伝だったらかわいそうだな~と強く思ってしまい 大人顔負けの自然食を与えるといいかも!と考えてさつまいもやかぼちゃ、りんごなどの 繊維がたっぷりと入っている食材をシンプルに調理をして与えたものです。あと便秘予防 にはバナナなどもよさそうですよね。

最後に

日々意識をして繊維をとれる食事にしようと考えたっぷりの水分と一緒に与えてあげると 慢性的な便秘にはならないと思うので気をつけたいものですね。

先輩ママの実践談

ページのトップへ戻る