子供便秘外来.com

男性特有の便秘について。

前へ
次へ
  1. ホーム
  2. 男性の便秘の原因と解消法

男性の便秘

便秘といえば女の方に多い悩みだと思われがちですが、厚生省の調査によると、男の方でも同じような症状で悩んでいる人が、全体の約二割もいるとの調査結果があります。意外と多いですよね。 尚、同じ症状であっても、男女ではそれぞれ原因が異なるという事をご存知でしょうか? 今回はその原因と解消法を説明していこうと思います。

男性の主な便秘の原因

女性の症状として多いのが、「長い間便が出ない、出るには出るが少ない・多大な労力と時間がかかる」という、だいたい一般的なイメージ通りの症状です。 原因としては、排便に必要となる筋力がもともと男性のそれより弱い事や、女性ホルモンの一部にスムーズな排便を妨げる作用があることなどが挙げられます。月経・排卵時にこの女性ホルモンが多く分泌されることが分かっています。 また、閉経によるホルモンバランスのくずれも原因となることがあります。

勿論、食生活やダイエットなどが原因となる場合もありますが、女性の場合は身体構造上の理由で排便が滞りやすく、対策を講じても改善が難しい部分があります。つまりは、「内的要因」に因るものが大きいのです。 それに対して、男性は身体構造上の「内的要因」というものよりは、不摂生な生活やストレスによる内臓のダメージが、排便の不調となって表れてくる事が多いのが特徴です。つまり普段の生活に因って引き起こされる、「外的要因」的な側面が大きいのです。

その症状も女性のような「排便が困難な状況が長期に渡り続く」というようなものよりも、「便が出にくい状態と下痢の状態を交互に繰り返す」といった症状が出ることが多いです。 これは「痙攣性便秘」と呼ばれるもので、便が出ない時期はあるものの、間に下痢の状態を挟むため、自分が便秘であるということに気付かない人も多いのです。間隔も人それぞれで、間隔が短い人は余計に気付きにくくなります。 むしろ下痢の方が辛いと感じ、排便が無いときは「下痢が治って良かった」と楽観的に考えてしまう人もいます。

またこの症状は、上でも述べたように、内臓の不調に因って引き起こされる事が多く、様々な内臓疾患による諸症状のひとつとして表れている可能性があるという事に大きな問題があります。そのため甘くみていると、「気付いたときには手遅れだった」ということにもなりねないのです。 一般的に男性は女性に比べて、内臓の強度に劣ると言われています。そのためストレスや生活習慣の乱れが内臓の病気に繋がりやすく、ストレスや食生活の乱れ、不規則な生活や過度な飲酒などによる内臓へのダメージを受けやすいのです。 その割に男性の方が自分の身体の健康や生活習慣などには無頓着なことが多く、わざわざ自分から内臓を痛めつけるような生活を送る人が沢山います。

それはそのまま排便不良のリスクと直結するものであり、イコール・内臓疾患へのリスクであるといっても過言では無いのです。

排便の不調(下痢の場合もあります。)によって疑われる内臓疾患は数多くあり、がん・糖尿病・パーキンソン病・腸ポリープやその他の甲状腺に係わる病気などが挙げられます。もちろん排便の不調があるからといって、必ずしも内臓疾患であるわけではありませんが、その可能性も多いにあることを忘れてないようにしましょう。 たとえ、内臓疾患とは関係なかったとしても、便秘をそのまま放置しておくことは好ましくありません。便が腸内に残っていると、毒素を排泄出来ずに再び腸から吸収してしまいます。 排便を促す為に下剤を用いる事もありますが、下剤は一時的な解決方法に過ぎません。身体にも良いものではありません。

男性の主な便秘の改善方法

大切なのはもっと根本的なところの改善です。

ストレス

まずはストレス。これを無くすことは非常に困難ですが、せめて溜まりすぎないように、ストレスを発散させる方法を身に付ける事が大切です。 例えばスポーツを趣味にすればストレス解消にもなる上、腸の働きを活発にするのでお薦めです。

生活習慣

次に生活習慣の改善です。規則正しい睡眠と、バランスのとれた食生活が大切です。 そう言われると面倒くさそうな印象ですが、これは結構簡単です。 睡眠は毎日6時間以上とる事が理想的ですが、それが難しい場合は1日のどこかで15分程度の仮眠をとるだけでも大分違ってきます。疲れも軽減され、ストレス解消にも繋がります。

食事は3食バランスよく食べる事が大切です。しかし、男性はこのあたりが無頓着で、面倒だと感じる方が多いと思います。3食全部が無理ならば朝食だけを変えてみましょう。 朝食を食物繊維の豊富なものや、ヨーグルトなどの腸内環境を整える食材に変える・または追加する事によって、便秘の軽減・解消に効果を期待できます。

朝食を抜く事だけは絶対にお薦めしません。時間が無いときはドリンクタイプのヨーグルトや乳酸菌飲料でもいいので、出来るだけお腹に何か入れるようにしましょう。

男性の便秘は、内臓疾患に直結する重大な症状です。決して甘く見ることなく健康的な生活が送れるようにしたいですね。

子供

便秘薬と下剤

ページのトップへ戻る