子供便秘外来.com

下剤の特色について。

前へ
次へ
  1. ホーム
  2. 下剤について
  3. 酸化マグネシウム

酸化マグネシウム

酸化マグネシウムは、下剤によく使われる成分であり、排便を促す働きがあります。

酸化マグネシウムの効能について

腸内検査などで腸内の便をすべて出しきる必要がある時に下剤として処方されるほか、便秘の解消に使われることもあります。市販の便秘薬にも使われており、排便を促す成分としては非常にポピュラーと言えるでしょう。

しかし、酸化マグネシウムの効能は、排便を促すだけではありません。胃炎の患者や結石の予防に処方されることもあります。胃炎に処方されるのは、制酸作用があるからです。制酸作用とは、酸を制する、つまり胃酸の中和です。胃液がこみ上げてきると口の中が酸っぱくなることからも分かりますが、胃液には強烈な酸が含まれています。この酸で、胃の中の食べ物を消化させます。

酸の刺激から守るため、胃の内側には粘膜が張られていますが、粘膜が傷つくなどして胃酸の影響をまともに受けてしまうことがあります。これが胃潰瘍や胃炎の一因となることも分かっています。粘膜を修復するのが一番ですが、即効性がないため、とりあえず胃酸を中和させるために処方されることがあります。しかし、最近は潰瘍や胃炎にはもっと良い薬が出ていますので、胃酸を中和させる目的で処方されることは少なくなりました。

排便を促す作用があるのは、体内で重炭酸塩になることによって、腸内に水が入り込み、便が柔らかくなって排出されやすくなるからです。これを緩下作用といい、下剤を飲むと柔らかい水のような便になるのはこのためです。水をたくさん飲むとお通じが良くなるといいますが、これを薬で強制的に行っていることになります。もう一つ、尿路結石の原因となるシュウ酸が吸収されるのを妨げる働きもあり、結石予防に効果を発揮します。シュウ酸カルシウムはほうれん草などに多く含まれており、ほうれん草の食べ過ぎは尿路結石のリスクを高めると言われています。ほうれん草は一般的に健康に良い食べ物として知られていますが、なんでも適量が大事だということがよく分かります。

酸化マグネシウムの副作用について

酸化マグネシウムの副作用の中でも特に注意していただきたいのが、高カルシウム血症、高マグネシウム血症です。日本人はカルシウムが不足しがちだと言われていますが、中には毎日牛乳をたくさん飲んだり、小魚を意識して摂取したり、という人がいるでしょう。服用中は、逆にカルシウムの過剰摂取に注意しなければなりません。高カルシウム血症の症状は倦怠感や嘔吐などです。これらの症状が続く時は、すぐに処方された病院で診てもらいましょう。

さらに重篤な症状を引き起こす可能性があるのが、高マグネシウム血症です。もともと効能は緩やかで、重篤な副作用はほとんどないと考えられていました。しかし、因果関係を完全には否定しきれない死亡報告があったことから、高齢者や腎臓に持病のある人に注意喚起がされるようになりました。下剤としては、長期的に服用することは少ないですが、慢性的に便通が悪い人には長期的に処方されることがあります。

しかし、件の死亡報告によって、長期的な服用や腎臓の悪い患者への処方は慎重になりつつあります。現在は、長期的な服用患者は定期的にマグネシウム濃度を測定する措置が取られており、場合によっては服用を中止する必要があります。高マグネシウム血症の症状はめまい、たちくらみ、筋力低下、徐脈などです。高齢になると、マグネシウムの摂取に関わらず起きやすい症状ですので、服用による副作用かどうか判断が難しいですが、それだけに異変を感じたらすぐに検査することが大切です。

アミティーザの飲み方について

形状は粉末、錠剤、などがあり、服用量を調整しやすいお薬でもあります。薬に対しては体が耐性をつくることがありますが、酸化マグネシウムは、大腸を刺激して排便を促すタイプの下剤とは異なり、耐性ができないメリットがあります。耐性ができると薬の種類を変えたり、量を増やしたりしなければなりませんが、このお薬にはそのような必要がなく、長期的に処方されることがありました。

水分によって便を柔らかくして排便しやすくするのがこのお薬の特徴ですので、便が硬くて便通が悪くなっている人には効果的ですが、それ以外の要因で排便が悪い人には向いていません。それ以外の要因とは、例えば腸の働きが悪くなっている、などが考えられます。腸の働きが悪くなっているタイプの人には、大腸刺激性下剤を処方しますが、こちらは耐性をつくるため、長期的に服用すると効き目が出にくくなってきます。

どんなタイプの便秘であっても、お薬だけに頼った排便は良くありません。本来は、自然に出るものですから、出ない原因を突き止め、改善に努めることが根本的な解決法です。ほとんどの場合、運動不足や野菜不足、食物繊維不足などが原因です。お薬の力を借りつつ、生活改善をしていきましょう。白米を玄米にかえたり、1日30分程度の散歩を取り入れたり、と簡単なことから始めると良いでしょう。水をたくさん飲むことも有効な手段です。

下剤

ページのトップへ戻る