子供便秘外来.com

下剤の特色について。

前へ
次へ
  1. ホーム
  2. 下剤について
  3. ヨーピス内用液

ヨーピス内用液

ヨーピス内用液の便秘への効能と副作用について ヨーピス内用液,便秘,効能,副作用 ヨーピス内用液の便秘への効能と副作用について " ヨーピス内用液は、便秘の解消に使用したり大腸検査前処置用の下剤などの用途で主に使用される医薬品です。色については、無色かあるいはわずかに黄色がかったような色に見えますが基本的には透明な駅です。少しだけですが液体に粘り気があることも特徴です。

ヨーピス内用液の中に含まれている成分としては、ピコスルファートナトリウムと呼ばれる成分が挙げられます。このピコスルファートナトリウムを体内に取り入れることで、大腸を刺激して便を押し出すための蠕動運動と呼ばれる運動を促進させるという仕組みとなっています。ほかに。大腸内の水分を保持してくれる作用もあります。便秘の種類についてはいくつかありますが、腸の蠕動運動が弱くなって起きた弛緩性便秘や直腸に便が溜まっているケースなどに大きく効果があるとされます。

逆に、下痢と便秘を繰り返す場合においては使用しても効果がありませんので注意します。

ヨーピス内用液の便秘への効能

ヨーピス内用液の効能としては、下剤としての効き目にはとても優れています。そのため本来の便通をよくする働きのほかに手術をしたあとに排便を補助するためにこの医薬品が用いられます。

ほかにも、手術前や大腸検査前に腸の内容物を排泄したりする目的でも用いられます。使用用途については多岐にわたっているため、医療現場においては重宝されやすい医薬品の一つといえるでしょう。

使用方法については、まず便秘だとはっきりわかっている場合においては大人は1日1回を目安におよそ10滴から15滴ほどを経口で投与すると効果を発揮するとされています。

子供の場合は、年齢にもよりますが大人よりは少なめの数値で経口投与することについては共通しています。乳児の場合は1滴ないし2滴程度投与し、幼児期においては6滴か7滴ほど投与するのが目安になっています。

大腸検査前の処置として用いる場合においては、検査の予定時間のおよそ10時間から15時間ほど前を目安におよそ20ml分を経口投与する決まりとなっています。なお、使用する用量については症状や年齢によって変わってくる面があることを留意します。

このように、ヨーピス内用液の服用は様々な点で便利ではありますが、副作用による症状や使用上の注意がありますので副作用の症状や注意事項については充分に注意した上で服用する必要があります。

その効き目の強さから取り扱いについては、かなり厳しく制限されている面もあるためしっかりと守るようにしておきます。

ヨーピス内用液の便秘への副作用

主な副作用による症状としては、腹痛や腹の張りなどの症状が報告されています。効き目が強いため、腹痛についてはしばしば服用後に起こりがちです。また、吐き気をともなうこともあります。

このような症状に気づいたときには場合によっては医師と相談しておきます。それから治療する必要もあることを留意しておきます。

頻度としてはまれではありますが、激しい腹痛や腸が傷ついて孔が開いてしまうなどの症状も報告されています。特に腸に孔が開いた場合は治療については一刻を争う可能性もありますので、症状に気づいたら医師による緊急治療が必要となります。

ほかに、めまいや発熱などといった副作用による症状も報告されていますので注意しておきます。

この医薬品の服用ができない患者としては、腸閉塞や急性腹症が見られる場合においては絶対に服用しないようにすることが求められます。もしもその状態で服用した場合には腸に孔が開く可能性が極めて高くなってしまうためです。それから、薬物に対するアレルギー反応が起きた場合にも服用することはできません。

ただし、用法用量をしっかり守っている限りはそこまで重い副作用にかかってしまうことはまずありません。

慎重に投与する必要があるケースとしては、腸に狭窄が見られる場合・大腸憩室・重度の便秘にかかっている場合などが挙げられます。それから、高齢者の服用についても身長に投与する必要があります。

服用前においては便通の有無については医師に必ず報告しておくようにします。できれば、自分勝手な判断で一人で服用することは避けておいたほうが無難といえるでしょう。できれば、医師と相談したうえで慎重に服用しておいたほうが無難といえます。

服用期間については、あまり長期間飲まないようにすることも大事です。これは、依存性も報告されているためです。ですのでどうしても飲む必要がない限りは飲まないほうが良いでしょう。 

保管方法については、乳幼児や小児の目の届かないところに保管しておくことは第一です。間違って飲み込まないように配慮しておく必要があるといえます。直射日光が当たるところでは保管しないようにします。涼しい場所で保管しておくことが重要といえるでしょう。もしも薬が残った場合には、保管しないで適切な方法で廃棄しておいたほうが安全といえます。

ヨーピス内用液の購入についてはできません。これは、効き目が強いことや注意事項が比較的多めなことで市販や通販の販売商品としては適していないためです。あくまで病院で処方してもらう医薬品です。

下剤

ページのトップへ戻る