子供便秘外来.com

下剤の特色について。

前へ
次へ
  1. ホーム
  2. 下剤について
  3. フォルセニッド錠

フォルセニッド錠

フォルセニッド錠は、マイラン製薬株式会社が製造している便秘薬の一種です。この錠剤を服用することによって大腸の蠕動運動を促進させる働きがあります。それによって便通を良くすることができる刺激性の便秘薬となっています。錠剤の色については特徴的な赤であり、この色がトレードマークともいえます。かなり濃い目の赤ということもあり、また効き目もそれなりに強いため市販されているわけではありません。

購入についても市販されているわけではないため容易ではないことを留意します。病院で処方してもらう方法が一般的といえます。薬価については1錠あたり5円となっており、この価格についてはとても安いです。

フォルセニッド錠の便秘への効能

フォルセニッド錠の効能としては、便通を良くする効果については認められています。特に弛緩性便秘と呼ばれる腸の働きが弱って起こるタイプの症状に効果的と言われています。

フォルセニッド錠に含まれる成分としては、1錠の中にセンノシドと呼ばれる成分が12mg配合されています。この成分の働きによって便通をよくすることができます。

センノシドが体の中に入ると、大腸まで届らえたあとにこのセンノシドが大腸の粘膜を刺激する作用があります。この働きによって腸の蠕動運動を活発化させるという仕組みです。それから、センノシドのもう一つの作用として腸内にある水分が体内へと吸収されるのを防ぐ働きがあります。これによって便を柔らかい状態のまま維持して、便通を通りやすい状態にしてくれます。

即効性についてはありませんので、この点は留意します。服用してからおよそ8時間から10時間程度経過すると効果を発揮するようになります。そのため、寝る前に服用してから寝ておくと翌朝の便通がよくなります。これは、自然な排便リズムを取り戻せるようにフォルセニッド錠を開発するように製薬会社のほうで配慮しています。

腸内の対する刺激に対しては比較的即効性はありますが、同時に自然な排便リズムを考慮したうえで開発されている医薬品です。そうしたこともあり、そこそここの医薬品は人気があります。

使用方法については、大人の場合は1日1回を目安に服用します。用量については1錠または2錠分を服用します。最初に飲むときには、1錠を飲んで様子見をするとよいでしょう。もしも効かなかったときには2錠に増やすようにすると効果を実感しやすくなります。

服用する期間については、とりあえず1週間くらい様子を見ながら服用し続けるようにします。もしも1週間経過しても効果がなかったときにおいては、使用を中止して別の薬を試すなどの方法を考えます。医師とも連携しながら相談することが大事といえます。

フォルセニッド錠の便秘への副作用

フォルセニッド錠を飲むときには、副作用や使用上の注意についても結構ありますので注意事項については守るようにしましょう。まず副作用による症状についてですが、胃腸系の症状としては腹痛・軟便・下痢のほか嘔吐・吐き気などを引き起こす可能性があります。生薬の成分も配合されているため、そこまで副作用による症状がひどいというわけではありません。ただ、大腸を刺激するタイプの薬ですのでやはり症状についてはこうした諸症状の報告例があります。

ほかに皮膚系の症状として湿疹やかゆみなどといった症状も見られることがあります。こちらもそこまで重い副作用はありませんが、気になるのでしたら医師と相談して飲むかどうかを決めておくようにします。ただ生薬の成分が合わずにアレルギー症状がひどく出た場合においてはすぐに服用を中止しておくようにしたほうが良いでしょう。

むしろこうした症状よりもやっかいなのは依存性が挙げられます。長期に服用することはできません。その場合、この薬の刺激に腸が慣れてきてしまい、効き目が薄れてしまうことがあります。そしてもしも使用しすぎると下剤なしで排便することができないという下剤依存症に陥る可能性もあります。ですので、効果が見られなかった場合は使用を中止することが大事です。

使用上の注意としては、まず用量についてはしっかり守るようにします。それから妊娠中の場合はやはり身体の影響を考えて服用しないようにしたほうが良いでしょう。それから、お腹の手術を受けたことがある人の服用や子供の服用についても慎重に投与する必要があるといえます。子供に対する安全性は確立されていません。

実は、フォルセニッド錠を特に服用しなくても市販薬で同じような効果のある医薬品についてはあります。それが大正製薬から販売されているコーラックハープです。この大正製薬が作った便秘薬の主力商品であるコーラックハープは長年ロングセラーとなって売れ続けています。

ですので、センノシドの成分を市販薬で試したい人にはコーラックハープのほうが向いているともいえます。コーラックハープには抑制作用のある甘草が含まれているため、効き目については抑制されていますがその代わり副作用についても少なめとなっています。

下剤

ページのトップへ戻る