子供便秘外来.com

下剤の特色について。

前へ
次へ
  1. ホーム
  2. 下剤について
  3. ウィズワン

ウィズワン

排泄物がお腹の中に溜まったり、排便が少ないなどの症状である便秘は実は明確な定義が決められてないと言われます。一般に日本消化器病学会では排便が数日に1回程度に減少し、排便感覚不規則で便の水分含有量が低下している状態と定めてます。ほかの心療内科ではこの定義は異なっており、ややあやふやな存在であるこの疾患は意見して大したものでないように思われます。しかし体内に排泄物が滞ってしまうと、排便できない不快感やストレスとともに様々な症状を引き起こしてしまいます。口臭や胃炎の他、肩こりを初めとした血行障害を発生させるとされ、これらは腸内に溜まったガスが作用しているためだと言われます。

糞詰まりとは食べ物の残りカス以外にも、ガスも同様に溜まっておりそれに伴いお腹が張ったり、おならが臭くなってしまいます。おならは多くの場合人目に付くのが恥ずかしい理由から我慢することがありますが、長期間排便が少ない人は我慢は禁物です。おならを我慢することは、徐々にガスを外に出したいという気持ちが麻痺してなくなります。すると溜まった行き場を失ったガスは血液中に吸収され、体内を循環することになります。この時ガスが肺に流れ込むと口臭に繋がり、排便ができないイライラは胃炎になる恐れがあります。また腸内にガスが貯まるとお腹は膨れ上がるとその周辺の部位である背中や腰を圧迫してしまい、これが血行不良になり最終的に肩こりや腰痛を発症します。

こうした理由から便秘は早期解決するべきであり、この状態から更に放置すると腸閉塞や大腸がんなどの重い疾患に発展する可能性があります。近年医療技術や機器の発展によりこうした腸内トラブルを緩和できる薬品がドラッグストアを初めとした市場で入手できるようになりました。

ウィズワンの便秘への効能

ウィズワンもそんな便秘に効果のある薬品であり、食物繊維と生薬成分を配合したのが特徴です。

この薬品の効能は腸内の滞った排泄物の排出とともに、この疾患によって発生したトラブルにも対応が可能です。腸内異常発酵や腹部膨満が挙げられ、これらは前文で記載した糞詰まりの放置によってできた症状です。この他には肌荒れ、食欲不振に吹き出物などにも効果があり腸内トラブルによって発生した多くの症状に対応できる薬品だと言えます。ウィズワンは植物性便秘薬と呼ばれるものであり、前の文で少し触れたようにプランタゴ・オバタ種皮といった植物性食物繊維を配合した薬品です。

ちなみにプランタゴ・オバタとはオオバコ科の植物でありその種子の外皮を精製したもののことを指します。この食物繊維とセンノシドと呼ばれる生薬を組み合わせることで、排泄をスムーズにする効果が得られます。

これらの配合成分を使用したウィズワンは、市販の腸内を刺激するタイプの薬品と異なり身体に負担をかけずに排便を促すことが可能です。植物性食物繊維は摂取すると水分を吸収して体内で膨らみそれに伴い便を外に押し出すことが可能になります。食物繊維は基本的に腸内の負担をかけない優しい成分なので、妊婦や子供でも使用できる薬品だとされます。現代の日本では色の欧米化に伴うことで腸内に排泄物が溜まりやすくなってるので、不足しがちな栄養素を補い排便を促すことが伺えます。

しかし生薬であるセンノシドは実は大腸を刺激する作用があると言われます。この場合便の排出のメカニズムが前述と矛盾するように思われますが、ウィズワンに配合されるこの成分量は微量なので腹痛を引き起こすリスクは少ないです。

ウィズワンの便秘への副作用

それでも服用時の個人差は存在し、少なからず腹痛という副作用の報告があるので注意が必要です。センノシドの摂取は尿にも作用する場合もあり色が赤や黄褐色に変色することが確認されてますが、これは体に害があるわけでないので気にする必要はありません。この他にウィズワンの副作用として吐き気などの症状もあり医薬品なので、使用方法は守ることが大切です。

ちなみに服用は1日3回で食後であり、成人なら1回におおよそ1から2袋、子供なら最大で3袋の摂取が可能です。市販の便秘薬によってはお茶や乳酸菌飲料でも飲めるものもありますが、今回の薬品の場合は水あるいはぬるま湯での摂取が必要です。もしこの摂取量を超えたなど用法用量を誤った場合、発疹や痒みを引き起こすことも分かっており初めて摂取する場合は少ない量から始めることが必須です。使用方法を守っていたとしても腹痛や発疹も発生することもあるのでその場合は直ちに使用を中止することが必要です。同様に約1週間使用しても排便が回復できない場合も中止し、医師や薬剤師に相談するべきです。

そしてこの便秘薬は確かに妊婦や子供でも使用可能ですが、自己でなく服用する場合は医師に許可を求めることも必須です。ちなみに薬剤を紹介するサイトでは授乳中の人の場合は服用を避けるべきであり出産後などは気をつけるべきです。同じくウィズワン以外の下剤と併用することも禁止なので注意しましょう。

下剤

ページのトップへ戻る