子供便秘外来.com

下剤の特色について。

前へ
次へ
  1. ホーム
  2. 下剤について
  3. スイマグエース

スイマグエース

日本内科学会では3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態のことを一般に便秘と呼びます。しかしこの腸内で排泄物が溜まってしまうトラブルの定義は意外にも明確なものではありません。日本消化器学会の場合は、排便が数日に1回程度に減少し、排便感覚不規則で便の水分含有量が低下している状態と定めてます。それでも厳密な定義がなくとも排便がないあるいは回数が少ない、便が固く排出が辛いなどの状態を糞詰まりと一括りに考えれば良いので難しく思考する必要はありません。便秘には発症原因や傾向によって弛緩性と直調性、痙攣性の3つの種類に分類されます。

順を追って説明すると最初の弛緩性は、大腸の運動が低下することで排便ができなくなるものです。このタイプは日本人に最も多く、特に冷え性の女性になりやすいとされます。2番目のタイプである直調整の場合は高齢者や便を我慢しやすい人に引き起こりやすいです。簡単にまとめると排便をしたいという感覚が起こりにくくなってる状態のことを指し、それによって便が腸内に停滞してしまいます。日頃から糞尿を我慢したり、浣腸を使いすぎてる人は注意が必要です。最後の痙攣性は大腸の筋肉が緊張しすぎることにより便を運ぶ機能が上手く働かなくなる状態です。うさぎのようなコロコロとした排便の人に多いほか、症状によっては下痢も引き起こすこともあります。

スイマグエースの便秘への効能

以上の3つのタイプ中の弛緩性と直調整の詰まりに効果があるのがすスイマグエースと呼ばれる一般用医薬品が挙げられます。これは海水を原料に作られており、主成分は水酸化マグネシウムと呼ばれるものです。水酸化マグネシウムを摂取すると大腸内の浸透圧を変化させて腸内に水分が集まるようになります。これによって固まった便を柔らかくして腸間を通りやすくなり、スムーズな排便が可能になります。水分は腸管全体に行き渡ることができるので、腸にこびりついた便である宿便も落とすことが可能です。またスイマグエースは弱アルカリなので、胃の中の胃酸を中和することができ胃酸過多や胃もたれ、胸焼けなどの症状を緩和することも可能です。排便を促す薬品の中には水酸化マグネシウム以外に酸化マグネシウムを配合したものがあります。

一般にこれら2つの成分は呼称が違うだけで効能としての違いはあまり無いと言われます。それでもスイマグエースは公式で宿便に効果があると明記してるので、この症状に悩む人はこの薬品を使用すると改善の近道になるでしょう。薬品の摂取は排便不調の場合なら約8時間から12時間くらいで便意が来るとされます。一方胃もたれを初めとした排便以外での胃のトラブルの場合なら服用から約2時間から4時間ほどで効き目が出るとされます。ちなみにこの便秘薬はサプリメントのようなカプセルや錠剤と異なり、液体タイプであり長期間放置すると水と分離することがあるので振り混ぜて服用する必要があります。

スイマグエースの便秘への副作用

刺激物がなく、比較的腸内に優しい排便効果のあるスイマグエースですが副作用もまれに存在するので注意が必要です。下痢や軟便、軽い腹痛などの症状が挙げられ、特に下痢は副作用の中でも最も多いとされます。また主成分である水酸化マグネシウムを過剰摂取すると高マグネシウム血症という症状が起きてしまい口の渇きや低血圧、嘔吐などの症状になる恐れがあります。摂取は1日にキャップ1杯から2杯が目安であり、飲み始めは1杯にする必要があります。2杯分の摂取をするのなら、3日間1杯で服用しても効果がでないと気に行うことが必須です。基本的には朝か夕の空腹時に飲み、服用してから約30分から1時間は柿茶などビタミンCが含有したものは摂取してはいけません。これは弱アルカリ性である水酸化マグネシウムがビタミンCによって中和されてしまい胃のトラブル等の効果が薄れる恐れがあるからです。

液体の便秘薬なので苦味を感じやすく、この時水や白湯で薄めても飲みにくい場合はウーロン茶や紅茶と一緒に飲んでも良いと言われます。カルピスといった乳酸菌飲料でも可能ですが、牛乳はミルクアルカリ症候群を発生させる恐れがあるので服用は注意が必要です。摂取期間は少なくとも1週間は必須であり、習慣性がないので長期使用も可能です。それでも2週間くらい服用しても効果が出ない場合は控える必要があり、場合によっては医師や薬剤師に相談することもあります。またスイマグエースの摂取は妊婦や腎臓病の診断を受けた人は医療機関で許可をもらうことも必須です。それでも妊婦あるいは授乳中の人でもこの便秘薬は安全だとされるので、基本的に相談すれば許可はもらえることが多いです。この他には激しい腹痛や吐き気、嘔吐の症状がある人も自己判断で摂取してはいけません。妊婦にも摂取でき、腸に優しい薬品ですが薬と記載するように用法用量を間違えると前文のような副作用や不調を発生させてしまうので使用方法は守ることが必須です。

下剤

ページのトップへ戻る