子供便秘外来.com

下剤の特色について。

前へ
次へ
  1. ホーム
  2. 下剤について
  3. 百毒下し

百毒下し

つらい便秘に悩んでいる人にとって、どんな薬が効果があるのか気になっている人は多いのではないかと思われます。 便が出ずに腸内環境が悪くなっていると、ニキビや吹き出物ができやすくなったり腸内の免疫細胞の働きが悪くなることで風邪をひきやすくなったり感染症にかかりやすくなる恐れありますので早めに改善していくのが望ましいと言えるでしょう。

ただ、排便がなかなかできずに苦しい思いをしている人の中には、普通の市販薬ではあまり効き目がないと思っている人やいかにもそのための薬だから使いたくないという人もいるのではないでしょうか。

そんな人には、6つの生薬によって自然な排便を促すことができる百毒下しが良いと言えるでしょう。

いかにも良い効果が期待できそうな名前で初めて耳にする人も多いと思われますが、どんな効果があるのかまた副作用はないのかなど気になる人もいるのではないかと思われます。

そこで、効能や副作用などについて考えてみましょう。

百毒下しは、翠松堂製薬株式会社が製造している薬で、薬の形状は正露丸のような黒い粒状になっていますが正露丸のような独特な苦みや臭みはないとされており、ビタミン剤よりもさらに小さいものだとされています。

なかなか出ない便に効果的な生薬として、アロエや山帰来、天草、大黄、牽牛子、営実の6つの生薬によって3つの効果や効能が得られるとされています。

まず、緩下作用があるのは大黄、牽牛子、営実、アロエの成分です。

これらの成分が腸内で溶けだすことによって大腸の腸壁を刺激し、蠕動運動を促進して自然な排便を促すとされています。 薬の中には、ビサコジルなどの刺激の強い成分が配合されており人工的に蠕動運動を促す作用がある薬もありますが、百毒下しは緩やかの台帳に作用し蠕動運動を導く作用があるとされています。

百毒下しに配合されている成分の天草には、ホルモンバランスを整えて腸の運動を抑制する作用があるとされています。

女性の場合、生理前などになるとホルモンバランスが崩れますがそれによって腸内の動きが滞ってしまい便秘になる人も少なくないとされています。

天草にはホルモンバランスを整える作用があるのでホルモンバランスの乱れによって起こる便秘の改善に非常に効果的だとされているのです。

天草は、それ以外にも大黄やアロエなどの成分の刺激によって活発になり過ぎた腸の動きを抑制する作用があるために、腸の動きが活発になり過ぎたことで起こる腹痛や下痢などの症状を引き起こさないようにする効果も期待できるとされています。

山帰来には、体内の排出機能を高めることにとって便や老廃物を排出しやすくする解毒作用があるとされています。

便や老廃物は人間の体にとって有害物質であるためいつまでも体内にとどまっていることで悪影響を及ぼすとされています。

便が腸内にずっと溜まっていると、腸壁はまた更に便から水分だけでなく有害物質などを吸収してそれを血液中に運ばれて全身に送られてしまうのですが、その有害物質が毛穴に出てくるとニキビや吹き出物の原因となることがあります。

山帰来は、腸内に長くとどまっている便によるニキビや吹き出物などの肌荒れを改善するのにも有効さとされているのです。

このように、6つの生薬によって3つの効果が得られる百毒下しは、特に腸の働きが鈍くなることで起こる弛緩性便秘に非常に効果的だとされてます。

ただし、下痢と便秘を繰り返す痙攣性タイプや便が直腸に溜まって出なくなっている直腸性タイプにはあまり効果がないとされていますので注意しましょう。

では、今度は副作用について考えてみましょう。

排便がスムーズにいかないことに有効な薬の中には、効きすぎて返って腹痛や下痢が起こったりするものもあるとされていますが、百毒下しにはどんな副作用があるのか気になるところです。

基本的には刺激が弱めの薬ですので、大きな副作用は考えなくてよいとされていますが、稀に吐き気や嘔吐、腹痛や悪心など胃腸系の症状が出たり、体質によって合わない場合には皮膚のかゆみや発赤、発疹などの皮膚症状があらわれることがあるとされています。

服用後一時的なものですぐに収まれば問題ないですが、いつまでも症状が落ち着かない場合にはその場で服用を控えてすぐに医療機関で診てもらうようにするのが良いでしょう。

無理をして飲み続けてしまうと返ってほかの体の部位に異変が起こることもありますので、おかしいと感じたら直ちに服用を中止するようにしましょう。

服用してから効き目があらわれるまでの時間としては、服用後8~10時間ほどで効果が出てくるとされています。 効いてくるのが遅い人でも48時間以内には効果が出てきますので寝る前に服用すると朝に便意を感じるようになりますので排便のリズムがコントロールできるでしょう。

市販薬の場合、依存性が高く薬の量を増やさないと効果が期待できなくなるものもある中でこの薬は穏やかに作用することから以前性が少ないと言えますので、自然な便意によって便秘を解消したい人におすすめと言えるでしょう。

下剤

ページのトップへ戻る