子供便秘外来.com

下剤の特色について。

前へ
次へ
  1. ホーム
  2. 下剤について
  3. ガナトン錠

ガナトン錠

排泄物が腸内に滞ってしまう、排便が少ないあるいは無いといった状態になる便秘に悩ませる人々は多いです。日本消化器病学会によれば、排便が数日に1回程度に減少し排便感覚不規則で便の水分含有量が低下している状態であるこの体調不良になると排便できない不快感が身体につきまといます。

しかしそれ以外でも様々なトラブルを発症することもあり、一見大したことの無い疾患に思われますが早めの対処が大切です。排便ができないと腸内では便だけでなくそれが発生するガスも腸に溜まり続けます。

お腹が張るような感覚がある人はこのガスが要因であり、その中には悪玉菌が繁殖しており外に排出するおならは通常よりも臭くなってしまいます。おならを我慢したままではガスを排出したい気持ちすら麻痺してしまい、徐々に血液中に侵入してしまうとされます。すると口臭や胃炎を招くことになる他、腸内にガスや便が溜まって膨張すると背中や腰を圧迫し血行不良や肩こりなども引き起こすとされます。

こうした多くの体調不良を招くので排便に違和感や糞詰りを感じた時は、医療機関や薬局などで販売される下剤を使うなどの対処が必要です。現在では医療技術や機器の発展に伴い医療機関や薬局以外でもドラッグストアなどの市場でも便秘薬を入手できるようになりました。排便をスムーズにする作用のある薬剤でも、様々な種類が確立されており配合成分や効能なども違いがあります。

ガナトン錠の便秘への効能について

胃腸に溜まったものを排出させる働きを持つガナトン錠は、吐き気や胸焼け、腹部膨張感に処方されることも多い薬剤の一種です。

しかし実はこの薬剤は糞詰まりなどの腸内トラブルにも対処することが可能であり、一般では内科や胃腸科で処方されます。なので薬局やドラッグストアでは販売されてないので、処方したい意見がある場合は医療機関に向かう必要があります。

1錠が50mgであるガナトン錠はイトプリド塩酸塩という有効成分によって胃腸の運動を活発にすることができます。

詳しく説明するとこの薬剤が胃に溶け出すと、副交感神経や運動神経の末端から放出させる神経物質であるアセチルコリンを活性化させます。この神経物質は血管拡張や発汗の働きを持つ他、消化機能を高める作用もあります。

その為アセチルコリンが活性化すると胃腸の運動も同様の状態になり、胃の中に残った食べかすなどが排出されやすくなります。これが結果胃もたれや消化不良、吐き気などを抑えられるようになり内科で処方されることに繋がります。

しかしガナトン錠の働きは便を押し出すぜんどう運動を活発にすることも可能でありこれが便秘に良いとされる理由です。胃と腸に働きかける効果のあるこの薬品は糞詰まりの場合なら、消化不良や胃酸不足が要因のタイプに特に有効的です。しかし糞詰まりにも種類が存在し、弛緩性や直腸性の便秘にはガナトン錠は効き目がないので注意が必要です。ちなみに弛緩性とは大腸の運動機能が低下することで排便ができないタイプであり、冷え性所女性が患者として多いと言われます。後者の直腸性は排便したいという感覚が無いことで糞詰りを生じるタイプであり、便を我慢する人や浣腸を使いすぎる人が多いと言われます。

この2つのタイプからガナトン錠はあくまで消化不良や吐き気など胃にトラブルがある、排便不調に効果があることが伺えるので使用するのなら市販の下剤から始めるほうか良いかもしれません。ちなみにこの便秘薬は服用すると約24時間から72時間後に便意を生じるとされ、他の下剤を比べて遅効性だと分かります。

ガナトン錠の便秘への副作用について

また副作用も多く報告されており、使用するのなら効果時間を初めとするリスクを知ることが大切です。副作用には下痢や吐き気、嘔吐が最も多いとされる他、肝機能障害として発疹や痒み、ダルさ、生理不順に乳汁分泌など大変多い体調不良を引き起こします。胃や腸の働きを活性化させる反面この下剤は主に肝臓で分解されるのでその臓器への負担がかかり、吐き気以外にも肝機能に異常を来す恐れがあるのが副作用としての理由です。

約1週間服用しても効果がない、あるいは前述で記載した副作用があった場合は使用するのは控えるべきです。同様に使用上の注意では、ガナトン錠の食後の摂取も禁物であり必ず食前に服用することが必須です。ちなみにこの薬品を使用しなくても吐き気や胃もたれを和らげることは可能です。食べ物ならりんごや梅干に含有されるクエン酸が効果的であり、特に前者の場合は食物繊維も豊富なので排便トラブルにも良いとされます。普段口にする食べ物の方が、薬剤と比べて身体に与える影響やリスクは少ないです。

なので今回説明した便秘薬を使用するのはあくまでも最終手段として活用するほうが良く、まずは医療機関へ向かい医師とよく相談するべきです。前文でも触れたように現在では下剤の種類も豊富になっており、ガナトン以外でも糞詰まりに良い薬品も多いので自分の体質に合ったものを選ぶようにずべきです。

下剤

ページのトップへ戻る