子供便秘外来.com

下剤の特色について。

前へ
次へ
  1. ホーム
  2. 下剤について
  3. スラーリア

スラーリア

便秘治療薬には、大きく分けると緩下剤(かんげざい)、刺激性下剤、自律神経調節薬、クロライドチャンネルアクチベーターの4種類が現在主に使われています。

スラ―リアは緩下剤に属する便秘治療薬です。

緩下剤とは、文字の通り緩やかに便を下ろす薬です。 緩下剤の中には、塩類下剤、糖類下剤、浸潤下剤、膨張下剤の4つのタイプがありますが、スラーリアは塩類下剤です。 塩類とは私たちが一般にミネラル、と呼んでいるものです。 カルシウムやマグネシウム、鉄などがあります。

この中のマグネシウムは腸から吸収されないので、マグネシウムを摂ると浸透圧が高くなって体内にある水分を腸の中に送り込む反応が起きます。そして水分を便に染み込ませてくれるので便のカサが増え、そのことで便が腸を刺激して動きが良くなります。さらに便自体も柔らかくなり、スムーズに腸の中をすべって行き、排便しやすくなります。

スラーリアの便秘への効能について

スラーリアに有効成分は、酸化マグネシウムです。マグネシウムのこのような作用で排便をスムーズにさせます。 スラ―リアのパッケージの中に入っている説明書にも、「水のチカラで便を腸から洗い流す」と記載されていますが、このようなメカニズムです。

酸化マグネシウムは医療現場でも昔から広く使われているロングセラーの便秘薬で、看護師や医師は略して「化マグ」や「カマ」と呼ぶことが多いです。

医療現場でも酸化マグネシウムが広く好んで使われているのは、お腹が痛くなりにくいことや安全性が高いと言う特徴からでしょう。

激性の下剤は腸を刺激して、ある意味、半強制的に腸を動かして排便させます。 ヒマシ油は小腸刺激性下剤、センノシド(商品名はプルゼニドなど)やビコスルファートナトリウム(商品名はラキソベロンなど)は、大腸刺激性下剤です。 刺激性下剤の作用は緩下剤よりも強力ですので、何が何でも出したい時には良いのですが、お腹が痛くなるのが玉にきずで、服用を嫌がる人も少なくありません。 中には冷や汗や脂汗が出て、立っていられないほどの腹痛になる人もいます。

その点スラーリアや酸化マグネシウムなどの緩下剤は、作用は刺激性下剤よりは弱いのですが、お腹が痛くなることはほとんどありませんし、痛くなっても耐え難いような痛みではありません。 お腹が痛くなったという人でも、「なんか痛いなあ」くらいですんでいます。お腹を曲げて耐えなくてはいけないほどの腹痛になる人は、マレです。

また、酸化マグネシウムには制酸剤としての働きもあります。 胃酸を中和させるので、胸焼けや胃酸過多、胃炎、胃潰瘍にも有効です。

そして、小腸からMg2+(2価のマグネシウム)が微量吸収されて尿として排泄されますが、その際にシュウ酸カルシウム結石と複合体を形成して排泄を促すので、シュウ酸カルシウムによる尿路結石の予防にもなります。

効能は便秘ですが、特に腸の動きが鈍くなっている弛緩性のタイプや、便が硬くなって力んでも出ない直腸型のタイプで有効です。 また、便秘に伴う肌荒れやお腹の膨満感、食欲不振にも良いでしょう。

服用後、およそ8~12時間で排便に至ります。寝る前の空腹時に飲むのが、ベストな飲み方です。コップ1杯以上のたっぷり目の水で服用しましょう。

初日に効果がなくても、2~3日飲み続けると65%で排便が見られました。 胸焼けは胃の不快感は、服用後2~4時間で効いてきます。

スラーリアの便秘への副作用について

副作用は、腸を刺激するタイプの薬ではないので、非常に少ないです。服用量が多すぎると軟便や下痢になることはありますが、前述している通り、腹痛を伴うことはほとんどありません。

この辺りが、腸を刺激して強制的に押し出すと言ったタイプのお薬との大きな違いでしょう。

副作用の頻度としては、腹痛が1.1%、軽度の下痢が1.1%ほどです。

よく、薬の説明書に「腹痛」と書いてあるのを見ると、この薬を飲むとお腹が痛くなるんだ、と思ってしまう人がいますが、副作用:腹痛などと書いてあっても100%その副作用が出る訳ではないので、その点は安心してください。

スラーリアで腹痛を起こす人は100人中1人くらい、小学校で3クラスに1人くらいの割合です。

また、極まれに高マグネシウム血症となることがありますが、ほとんどのケースはカルシウムのサプリメントを使用していたことが原因です。 スラーリアや酸化マグネシウムを服用中は、カルシウムのサプリメントは控えてください。

高マグネシウム血症の副作用はカルシウムと一緒に服用した時に、発症しやすくなります。症状としては、頭痛(結構激しい痛みです)、吐き気、嘔吐、眠気、意識の低下、立ちくらみ、筋力が低下して手足に力が入らない、息苦しさ、などがあります。

高マグネシウム血症の発症頻度は何万人に1人という程度の非常に稀なものですので、カルシウムのサプリメントさえ注意すれば、過度に心配する必要はありません。

このようにスラーリアは、穏やかに作用して排便を促す、安全性の高い、古くから使われているロングセラーの薬です。

下剤

ページのトップへ戻る