子供便秘外来.com

下剤の特色について。

前へ
次へ
  1. ホーム
  2. 下剤について
  3. ソルダナ錠

ソルダナ錠

ソルダナ錠は、主成分がセンノシドとカルシウムからなる一般的に処方されることが多い大腸刺激性の下剤で、毎日の便通に悩んでいる多くの便秘症の人にとって、高い効能がある薬のひとつです。

特に、腸を活発にして、便秘を解消する薬のなかでも、慢性的な便通の悪さに悩まされている女性や、便意が感じられない弛緩性便秘に対して効果的な薬ですが、大腸内で働く性質があるため、大腸のぜん動運動や神経叢を促進させて、水分の吸収を抑え、排便を促す作用が強いことが特徴となっています。

そして、この錠剤が便通の悪さに悩む人々に効果的とされる大きな理由として、生薬であるセンナから抽出された成分、センノシドA、センノシドBという有効成分が含まれているからであり、服用することにより、センノシドが溶け出して、レインアンスロンという物質に変化し、大腸まで運ばれ、大腸の粘膜を刺激することで大腸の働きが活発となり、便を押し出すぜん動運動が促進されて、便意を生じるようになるという一連の作用が生じるようになります。

また、センノシドは、大腸の水分が吸収されることを防ぐという働きもあることから、服用によって、便に水分が行き渡って柔らかくなり、硬い便となることを防ぐため、柔らかい便の排出が促進されるようになります。

ソルダナ錠の便秘への効能について

そんなソルダナ錠は、刺激性の下剤でありながら、生薬でもあることから、穏やかな効き目で、お腹に優しく、腸の働きが鈍くなっている弛緩性便秘や、直腸内に硬い便が溜まってしまった直腸性便秘などに効能を発揮します。

このようなソルダナ錠は、原則として、就寝前の服用がもっとも効果的であり、便意を感じるために要する時間では、服用してからおよそ8~10時間ほどなので、就寝前の服用によって朝の起床時頃には便意を催すようになります。

そして、毎日の朝のリズミカルな排便リズムが作れるようになることで、薬の服用を中止しても便意を感じることになり、便通の解消をすることができるようになります。

なお、ソルダナ錠は、薬局やドラッグストアなどの市販薬ではないため、病院で受診して処方してもらうようになりますが、薬価は安価ながら、服用は、どうしても便が出ない時の限定で摂取することが望ましいといえます。

また、快便の強い味方ともなるソルダナ錠ですが、便秘の解消に、より効果的な飲み方として、まず、この錠剤の1回の摂取量として、1~4錠を1日1回、就寝前に服用することが大切で、錠剤の服用では、コップ一杯、200ml以上の水か白湯で、きちんと飲みきり、水を大腸に送り込むようにしますが、白湯での服用は、お腹が痛くなるという副作用の防止にも役立ちます。

そして、服用した翌日の朝に便意を催して、きちんと排便されるようになれば、この薬の服用を一旦控えるようにしますが、効果が見られない場合には、次の日から錠剤を1錠づつ増やして服用し、様子を見るようにします。

この場合、増やす錠剤の数は、最高4錠までとし、それ以上は、自己判断で勝手に追加しないようにしますが、1週間服用しても、便通改善の兆しが無い場合には服用を中止し、改めて、処方してもらった医師に相談するようにしましょう。

なお、この錠剤は、生薬によって自然な排便を取り戻すことを目的とした安全で効能が高い薬といえますが、長期に亘る服用では、腎臓や肝臓に症状が出る事例が報告されています。

ソルダナ錠の便秘への副作用について

また、ソルダナ錠の副作用では、有効成分のセンノシドが刺激成分であることから、起こり易い副作用として、腹痛、腹鳴、嘔吐、下痢、吐き気、腹部の不快感や過敏症などが挙げられますが、症状が軽い場合はほとんど心配はいりませんが、症状が続いたり、酷くなるなどの副作用が出た場合には、服用を中止して、医師の診察を受けるようにしましょう。

さらに、錠剤の成分のセンノシドは生薬ですが、生薬が体質に合わない場合、皮膚の痒みや、発疹、赤みなどのアレルギー症状が出る場合がありますが、これらの症状が出た場合、使用は控えることが賢明といえます。

なお、この錠剤は、基本的に安全性が高い薬なので、重篤な副作用の心配はほとんど無く、害などが少ない薬といえますが、安易に服用することで、自然な排便が困難となって、体の栄養分が不足し、低カリウム血症、血圧低下、全身の疲労感、脱水症状などを発症する場合があります。

そして、妊婦の場合には、流早産や、子宮収縮の危険性があるため、医師の相談を受けながら服用したほうが望ましいといえますが、授乳中の場合には、服用する時に乳児に影響が出る可能性があるので授乳を中止するようにします。

また、乳児や新生児への効果はまだ確立しておらず、病中、病後の身体が弱っている人や、腹部の手術をした人、生理機能が落ちている高齢者の場合、服用には注意が要ります。

なお、この錠剤の服用では、尿の色が黄色や赤に変化する着色尿となることがありますが、身体に影響はまったくないので、心配はいりません。

下剤

ページのトップへ戻る