子供便秘外来.com

下剤の特色について。

前へ
次へ
  1. ホーム
  2. 下剤について
  3. ガスモチン錠

ガスモチン錠

ガスモチン錠はモサプリドクエン酸塩などとも呼ばれ、日本国内では1998年から販売されて広く普及している胃腸薬の一種です。

ガスモチン錠の効能について

胃や腸などの消化管全体に対して効果があり、従来の胃腸薬と比べても副作用の発症頻度や症状も改善された使いやすい医薬品として知られています。

ガスモチン錠は、主に胃や腸の働きを活発にさせる医薬品です。ガスモチン錠が使用されるのは、胸やけや吐き気などの慢性的な胃炎による症状の緩和の他、腸の動きが鈍っているために起こる便秘や腹満感などの解消などにも用いられます。また、バリウムを腸に注入してX腺造影検査を行う場合の前処置などの場合にも補助的に使用され、X線撮影を行う前に腸の中に留まっている便を全部排出するのに役立ちます。検査前に飲む専用の下剤などと一緒に処方されることも多く、ガスモチンを使って腸を活発に活動させることで便の排出を促し、検査前に腸の中を綺麗にすることができます。

ガスモチンには、私たちの消化管に存在するセロトニン受容体という物質を活性化させる効能があります。セロトニン受容体とは、そこにセロトニンという物質が結合することで様々な働きを現すことができる部位で、消化管の場合はセロトニンと結合することによってアセチルコリンという胃腸の働きを活性化させてくれる物質が豊富に分泌されるようになります。このアセチルコリンによって胃や腸が本来の活動を活発に行うことができ、便秘や下痢などの様々な症状を改善させることができるのです。

このガスモチン錠が販売されるまでは、ドーパミン受容体と呼ばれる物質の働きを阻害することで消化管の働きを活性化させる薬が胃腸薬として主に使われていました。効果や働きとしては同じようなものなのですが、ドーパミン系に作用する薬は副作用が出やすく、震えなどの体外症状の他、ホルモンバランスを乱したり命に関わるような重大な症状を起こすため比較的リスクが高いものだったのです。この点、ガスモチンはドーパミンに対しては作用しないため重大な副作用が起きるリスクが低く、安全性の高い薬として一般的に使用されるようになってきました。

ガスモチン錠の副作用について

従来使用されていた胃腸薬と比べると副作用のリスクは低いとはいえ、ガスモチンにも発症の危険性は少なからずあります。

安全性が高いことは知られていますが、服用した患者の約2.5%から4.0%ほどは何らかの副作用が出るとされています。ただ、この数字は他の胃腸薬と比べると決して多くはなく、しかも命に関わるような重篤な症状はほとんど無いと言えます。具体的な症状としては、腸の活動が活発になり過ぎることで起きる下痢や軟便の他、体全体が重くなる倦怠感や口の中に異様な渇きを感じるといったものが挙げられます。これらはあくまでも消化管の働きを良くさせ過ぎてしまったことが原因で、様子を見たり服用する量を減らしていけば徐々に症状を改善させることができます。また、非常に稀ではありますが肝酵素や中性脂肪の上昇といった症状も見られるので、長期的に常備薬として使用する場合は定期的に血液検査などをして数値をチェックすることが必要です。

ガスモチン錠の飲み方について

ガスモチンは、一般的に2.5mg錠と5mg錠の錠剤の他、粉末タイプの計3種類が存在します。使用に適した症状が現れた場合、大人であれば1日に15mgを投与することになるので、朝昼夜の3回に分けて5mgずつ食後に服用します。バリウムによるX線造影検査の補助として使用する場合は、前処置の開始時に20mgを経口で服用する必要があります。また、同時に服用する腸管洗浄剤をすべて服用し終わった後さらに20mgを水で服用することが多いです。また、胃腸薬は多くの種類が食前の服用となっていますが、ガスモチンの場合は食前食中、食後いつでも服用して構わないことになっています。

ガスモチン錠は胃腸症状に対して効果が高いものの、即効性はあまり期待できません。消化管の働きを良くすることで、結果的に症状を改善していこうとする薬なので、緊急処置的に使う場合は適していないと言えます。しかし、効果は緩やかであるもののその性質上副作用が起こりにくく、治療の始めにまず使用する薬としては非常に有効です。特にドーパミン系に作用しないというのは胃腸薬としては大きなメリットで、体に優しい薬だと言えます。

このようにガスモチン錠は様々な特徴を持っていますが、服用には必ず医師の診断と処方を受ける必要があります。効果が緩やかだからといって自己判断で使用を開始したり中止すると、身体に悪影響が出てしまう危険性もあるので注意しておきましょう。最近はネット通販などで安く手軽に医薬品を入手できるようになりましたが、医師の診断を受けていないものを勝手に使うと危険です。初めて使う医薬品の場合は、必ず一度は医師の診断を受け、使用方法や注意点などを確認してから使い始めるようにしましょう。

下剤

ページのトップへ戻る