子供便秘外来.com

高齢者特有の便秘について。

前へ
次へ
  1. ホーム
  2. 高齢者の便秘の原因と解消法

高齢者の便秘

年を重ねることによって便秘になってしまったという高齢者はたくさんいます。 これは不思議なことではなく、老化の一つの症状です。男女ともに30代と60代ではリスクが2倍に上るとされています。 年をとることで便秘になってしまう原因としては、様々なことが考えられます。

高齢者の主な便秘の原因

まずひとつめが、肉体の衰えです

筋力そのもの、特に腸の動きに関係している腹筋周りが衰えてしまうことや腸そのものの機能自体が衰えることによって、便がきちんと運ばれずに長く腸内に留まるようになってしまいます。腸内にたまることによって水分が失われて、硬くなるためさらに出にくくなってしまうのです。

次に食事の量が減少することも挙げられます

年をとると基礎代謝なども落ちていき消費カロリー自体が少なくなります。消化機能も衰えていくためどうしても食事の量は減っていき、食べる量が減ることで便の量も減り、排便する習慣が疎かになっていきます。食事の量が減ると水分の摂取量も減っていくのも便が出にくくなる理由のひとつです。尿漏れなどを気にして水分を控える人もいますが、そうするとただでさえ少ない便の水分量が減ってしまいより硬くなってしまいます。硬く少ない量だと若い人でも便が出にくくなるため、高齢者は特に注意が必要です。

年をとることで様々な薬を常用するようになることも挙げられます

どんな薬であれ副作用があります。薬の種類によっては便が出にくくなってしまうものもあります。 代表的な薬としては抗生物質や抗うつ剤などがあるとされています。こうした薬は必要だから利用しているのであって、副作用があるからといってやめるわけにはいかないものです。どうしても副作用が辛いという場合には、医師に相談して別の薬を処方してもらうなどの対策が大事です。

高齢者の主な便秘解消法

高齢者が便秘を解消しようした場合、下剤を利用しようとすると体に大きな負担がかかってしまいます。 そのため解消法としては、日常的に解消する工夫をすることによって改善することが大切となってきます。

トイレ習慣

まず簡単に日常的に取り入れることができるのが、便意がなくてもトイレに行く習慣を身につけることです。便の量そのものが減ってしまっている状態ですが、それに伴ってトイレに行く回数も減ってしまっているという人も多いと思います。 そんな人は決まった時間にトイレに行く癖をつけることで、体にトイレの時間だと覚えさせていき自然と便の出しやすい環境を整えることができるようになります。

軽度の運動

高齢者の場合、介護の人の手を借りなければトイレに行けないということもあり便意を我慢してしまうこともありますが、これは逆効果でより便の出を悪くしてしまい、余計に迷惑をかけてしまうことになるため便意は我慢しないようにすることを心がけます。 運動を欠かさないようにすることも重要です。肉体が衰えれば腸の動きも悪くなっていきます。便を出すのに必要な腹筋を鍛えるためにも、無理をしない範囲で体を動かすことがオススメです。

極端な筋トレなどは必要ありませんが、できる範囲での散歩や家事、畑仕事などを日常的に行って全身運動を続けていることで体が自由にごくだけの筋肉を保つことができるようになり、腸への影響も少ないと考えられます。 便の量が少ないため食生活を改善することも効果的です。

多めの水分補給

少しの改善だけでも治すことが可能です。やり方としては、水分を意識してとるようにする、腸内環境を整える効果のある乳酸菌などが含んだヨーグルトや漬物などの発酵食品を摂取する、根野菜や緑黄色野菜など食物繊維が含んだ食品を意識して食事に取り入れたり、栄養価の高い食べ物や飲み物を選ぶようにしてきます。

特に水分を取ることが重要です。年をとると喉の渇きを感じにくくなってしまい、水分補給が十分にできていないというケースが多いのです。その結果弁が硬くなってしまい、出にくくなるためこまめに水分を摂るようにします。

この時食物繊維が豊富なゴボウ茶や黒豆茶などを飲んだり、便の水分量を増やして柔らかくしたり、大腸の動きをよくするマグネシウムが入ったプーアール茶やマテ茶、腸内の善玉菌を増やす効果や弁を柔らかく作用のあるビタミンCを含んだローズヒップティーやハイビスカスティー、緑茶などを選んで飲むことによって水分を摂取しながら自然に対策することができるため良いとされています。

お茶は休憩時間に飲んだりすることができるため手軽な解消方法とも言えます。薬に頼りたくない場合には積極的に飲んでいくことをオススメします。 しかし、注意したいのがカフェインを含んでいるお茶を飲みすぎることです。飲みすぎてしまうと症状を悪化させてしまうこともあるため注意が必要です。

カフェインの入ったお茶を飲みすぎると利尿作用によって多くの水分が尿となってしまいます。水分が大腸へと続かず便を柔らかくできなくなってしまうことも考えられます。 体に良いお茶や食品は過剰摂取が逆効果になってしまうこともあるため、うまく取り入れて活用することが大切です。

子供

便秘薬と下剤

ページのトップへ戻る